ホーム > むち打ち症・後遺症

むち打ち症・後遺症

むち打ち症・後遺症

交通事故後、こんなことで悩んでいませんか?

  • 頭痛や吐き気など症状のひどい方。こじらせてしまった方。
  • しばらくしてから症状が出てきた方。
  • 病院などを転々としても治らない方。
  • 病院・医院に行っても良くならない方。
  • 病院で検査しても異常なしと言われた方。
など、むち打ち症と後遺症にお悩みの方には、とても深刻な問題です。異常がないと言われても、ご本人は確かに痛いのですから。

「交通事故のケガの治療は整形外科や病院だけでしか受けられない」と思っていませんか?当院なら、自賠責保険や任意保険を使って交通事故の治療ができます。整形外科や病院、その他接骨院等からの転院も可能です。
多くの病院や接骨院でも交通事故後の治療は行っていますが、専門的な知識と技術で行なっているところはなかなかありません。交通事故などで起こる、むち打ち症と後遺症には、当院独自の「軸ピタ・バランス療法」でずれ・ねじれ・ゆがみを正し、身体をアライメントしていきます。

当院の交通事故治療法(軸ピタ・バランス療法)はこちら

後遺症について

後遺症とは、「何ヶ月も治療に通い続けたが、それ以上“痛み”や“可動域”、“形”の改善が見られなくなった状態」を言います。
状態次第では、病院で後遺症診断書を作成してもらい、後遺症慰謝料を申請できるケースがあります。
こんな症状で悩んでいませんか?
手や足を骨折した後に「上手く曲げ伸ばしが出来ない」
骨折をした後に、「関節硬縮」といった後遺症が残るケースがあります。「手や足の関節が硬くなり、上手く動かなくなった状態」が関節硬縮です。この関節硬縮はリハビリを行うことにより改善されるケースもあります。しかし、痛みが少ないためリハビリに通わなくなる患者様が多いので、しっかりとリハビリに通いましょう。
指の骨、鎖骨の骨折後に「曲がってくっついてしまった」
一度骨が曲がったままくっついてしまうと、元通りには治りません。これは「変形治癒」と言うのですが、変形治癒は後遺症の認定がされやすいため、必ずご相談ください。
※強い変形の場合は手術が施されるケースがあります

むち打ち症は交通事故直後に症状が出ない場合もあります

 むち打ち症
実は「むち打ち症」は正式な傷病名ではなく、正確には「外傷性頸部症候群」「頸椎捻挫(けいついねんざ)」などとも呼ばれます。頭は胴体の上にやや不安定な状態で乗っているため、ここに強い衝撃が加わると、ムチを振り回し、しなった時のようなS字形の動きを強いられます。
これにより、さまざまな症状(頭痛、めまい、吐気、手先の痺れ)などが現れます。


自動車での交通事故、特に追突や衝突による場合に出やすのがこの症状です。他には、労働災害やスポーツ障害によるケースもあります。たとえば、サッカーやフットボール、ラグビー等のスポーツでのケガの場合には、このような症状が現れることがあります。
《分類・症状》
頚椎捻挫型
頚椎の周りの筋肉や靭帯などの損傷で最も多いとされ、むちうち症患者のおよそ8割を占めるといわれる症状です。首を伸ばすと、首の後ろの痛みや肩の痛みはいっそう強くなってしまいます。また、首や肩の動きが制限され、それ以上動かせない場合もあります。
根症状型
頚椎に変化があったり、歪みが生じてしまうと、神経が圧迫されて痛みの症状が出ます。首の痛みだけでなく、後頭部や顔面の痛み、腕の痛みやしびれ、なんとなくだるいなどの症状が現れることもあります。首を動かしたり、咳やくしゃみをすると症状が悪化します。
バレ・リュウー症状型
別名「後部交感神経症候群」ともいいます。椎間板や筋肉が圧迫されて、椎骨動脈の血流が悪くなったり、交換神経が傷ついて血行を阻害したりすることが原因といわれます。頭痛やめまい、吐き気や耳鳴りなどの症状が現れます。
脊髄症状型
脊髄の損傷により、下肢の神経が傷つき、下肢がしびれる等の症状が現れます。重いケースでは、歩行に支障をきたすこともあります。また、稀に尿や便が出にくくなる場合もあります。
交通事故の直後に自覚症状がなかったとしても、2~3日後から症状が出てくることもあります。放置してしまうと、回復までの期間が長引く可能性があります。
軽い症状だからと安易に自己判断せずに、少しでも疑わしい時はすぐに診察を受けましょう。
交通事故治療ナビ@豊明 TEL 0562-98-3210